支部の歴史

【墨田支部のあゆみ】

墨田支部は昭和18年から本所・向島両支部に分かれて運営されてきました。

しかし、区の行政機構に合わせるべきではないかと言うことから、

二十数年に亘り合併論が 問われてまいりました。

その結果、昭和44年8月26日にめでたく両支部が合併し、

現在の墨田支部が発足致しました。

 

【歴代支部長】

 

【現在の支部役員】2018年5月28日現在

〇支 部 長  鈴木 文雄

〇副支部長  中平  守 / 梶  徳治 / 赤坂 憲一 / 倉持 健夫

       大日向利之 / 笠井  孝 / 笠貫  曻

〇支部委員  大谷浩一郎

〇監  事  都祭 芳明 / 和田 治

〇相 談 役  佐原  昭

〇アドバイザー  植本 武稔 / 青柳  享

〇本部理事  鳴海 義一

 

 

墨田支部は昭和 18 年から本所・向島両支部に分かれて運営されてきましたが、

区の行政機構に合わせるべきと言うことから長きに亘り合併論が問われ、

その結果、昭和 44 年 8 月 26 日にめでたく両支部が合併し、

現在の墨田支部が発足しました。

平成 6 年には「歴史を原点として」と題し支部 25 周年記念事業を行いました。

 

その後、平成 7 年に墨田区耐震診断促進委員会、

平成 11 年に墨田建築設計協同組合、

平成 18 年に墨田区耐震補強推進協議会、

平成 23 年に一般社団法人すみだまちづくり協会を設立し、

その時代に即した形で発足当時からの“墨田のまちづくりのため”との理念を

継承し続けております。

来年の 50 周年に向け更なる飛躍をもって活発に活動してまいります。